リブ使いの服は意外と簡単で見栄えも上々

<新 作 紹 介>

 

 

 

しょこしょこ1年生の生徒さんの作品のご紹介です。

 

 

 

 

モデル:アルフォンス君

 

 

 

 

<Sさんからのお便り>

 


前に飼ってた子達には洋服を独学で作っていたんですが、

 

今の子にも洋服を作ってあげたい。

 

洋服を作るにあたってきちんと習って作ってあげたいと思い

 

しょこしょこのソーイングコースに参加することにしました。

出来上がった瞬間は感動ものですね〜♪

これからもどんどん作っていきたいです♪


あれもこれもと作りたいものがどんどん出てきています(笑)

 

 

 

 

 

モデル:ぷーた君

 

 

 

モデル:アオ君

 

 

 

Aさんの1作目の作品です。

 

裁ちっ放しの布の上にタグを縫い身頃に付けました。

 

Aさんも大満足!犬の大満足?

 

 

 

 

〜リブ使いの縫製ポイント〜

 

 

本体より短いリブを基本付けますので、

 

リブを本体と同じ寸法になるように伸ばしながら縫っていきます。

 

その際、リブと一緒に本体の生地も伸ばしてしまいがちです。

 

同寸になったと感じた状態から少し元に戻して、

 

伸ばし過ぎがないか確認してみてください。

 

 

それからリブは直線に裁断していますが本体はカーブしてることが多いので

 

縫あ合わせる布端が揃っているかも確認してみてください。

 

 

ロックミシン使用 → 差動送りを2.0にて縫う いせ込みが多い時は少し元に戻す

 

家庭用ミシン使用 → 本体にミシンをかけ型紙の寸法にしておく

 

リブを付ける時は少し生地を押すような感じで縫う

 

 

 

 

初作品でもそうとは思えない出来上がりにしてくれる「リブ」。

 

しょこしょこでも人気の付属アイテムです。

 

 

リブタンクトップの活躍する季節になります。

 

是非作ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加しています。
↑のにほんブログ村の文字クリックで
応援よろしお願いします♪

 

 

 

 

 


comment








   
この記事のトラックバックURL